電磁波測定器はレンタルできる?購入と比べてどっちがお得か紹介

電磁波が気になるけど、電磁波測定器は持っていないしレンタルできないかな?

このように考えた事があるかもしれません。

結論から言うと、電磁波測定器はレンタルが可能です。

そこで、この記事では電磁波測定器をレンタルした場合の料金などを解説します。

また、レンタルできたとしてもその金額を払うくらいなら購入したほうがいいのではと疑問に思いますよね。

電磁波測定器をレンタルした場合と、購入した場合を比較してどっちがお得か紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

電磁波測定器はどこでレンタルできる?

「電磁波測定器 レンタル」で検索すると、電磁波測定器をレンタルするサイトがあります。

レンタルできる機種はどれも有名なもので、種類も複数から選べるのは嬉しいポイントです。

主に電磁波の何を図るのかで機種を選びます。

ここではレンタルできるサイトとその料金・日数などを紹介します。

レンタルできるサイト①:電磁波シールド材卸売 有限会社マックコーポレーション

電磁波シールド材卸売の有限会社マックコーポレーション様では、以下のような料金体系で電磁波測定器のレンタルを行っています。

電磁波測定器レンタルサービス

取り扱い機器

・トリフィールドメーター 100XE

・高周波(マイクロ波)用電磁波測定器 TM-195

・AC Milligauss Meter Model UHS

どれも有名な電磁波測定器で、用途によって選択ができるのは嬉しいポイント。

低周波のみの測定でよければ「AC Milligauss Meter Model UHS」、高周波に特化して測定したい場合は「高周波(マイクロ波)用電磁波測定器 TM-195」、どちらも満遍なく測定したい場合は「トリフィールドメーター 100XE」を選択するといいです。

トリフィールドメーター 100XEは低周波・高周波どちらも測定できますが、測定範囲などの注意点もあるのでよく読んでレンタルするようにしてください。

料金体系は以下の通りです。

料金体系など

・1週間:6,600円(税込)
・返却時のみ送料が必要
・延長料金:1日につき1,000円

じょにー

わりと手頃な価格でレンタル出来ます。

レンタルできるサイト②:電磁波対策のエコロガ

そのほかにも、電磁波対策製品を多く取り扱っている「エコロガ」様でもレンタルを行っております。

電磁波対策のエコロガ

エコロガでは、取り扱う電磁波測定器が多く、目的にあった電磁波測定器を選べるのが利点です。

レンタルプランが7つあり、製品説明にどの電磁波を測定したいのかが書いてあるので、電磁波測定器の選び方がわからない方でもレンタルする製品を選びやすいのが特徴になります。

料金体系など

・1週間:13,750円~27,500円(税込)
・延長料金:1日につき2,530円~4,180円
・配送料:配送時、返送時ともに利用者負担

じょにー

少し金額が高い気もします。

レンタルできるサイト③:電磁界情報センター

電磁界情報センターでは、何と無料で貸し出しされています。

取り扱われている機種は「SK-8301型3軸式低周波ガウスメーター」で、低周波のみの測定になります。

スマホ・Wi-Fi・携帯基地局などの高周波、IHなどの中周波に関しては測定できないのがデメリットです。

料金体系など

・5日以内:無料
・延長:基本的に延長なし
・配送料:配送時、返送時ともに利用者負担

じょにー

一般販売されていない製品なので、正確性などは不明ですが無料なのはありがたいですね。

ほかにもレンタルできるサイトはたくさんある

このほかにも、電磁波測定器をレンタルできるサイトはたくさんあります。

EMFワークス

オリックス・レンテック

など、探せばほかにも出てくるかもしれません。

ここで探したサイトを参考に、レンタルしたいと考えている方はぜひ検討してみてください。

電磁波測定器はレンタルするより購入した方がいい?

電磁波測定器は数多くの種類があり、その価格にも幅があります。

一般的に人気の高い、トリフィールドメーターですが、現在はTF2という機種が現行販売されているモデルです。

ルナワールド 楽天市場店
¥26,180 (2023/08/05 00:20時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

1週間6,600円でレンタルできるトリフィールドメーター100XEよりもTF2の方が最新機種で、性能は向上しています。

1か月レンタルしたと考えると、購入した方がお得ですよね。

たとえば、

・引っ越し前に電磁波を測定しておきたい
・自宅の電磁波が気になる
・携帯基地局が近くにある

といった理由から、単発で電磁波の数値が気になるのであればレンタルするのも一つの手です。

とはいえ、電磁波に関しては一度測って終わりではなく、どこかのタイミングで計測したくなるもの。

電磁波が気になるのであれば、手元に一台は所有していてもいいのかなと考えます。

じょにー

これは考え方次第なので、レンタル・購入どちらにもメリット、デメリットがあります。

電磁波測定器をレンタルするメリット・デメリット

電磁波測定器をレンタルするメリットとしては以下のようなものがあげられます。

レンタルするメリット

・購入するよりも1回にかかる費用は安い
・さまざまな機種が試せる
・プロ仕様の機器もレンタルなら試しやすい

一方で、レンタルするデメリットも知っておきましょう。

レンタルするデメリット

・何回もレンタルすると、購入した方が費用が安くなる可能性がある
・レンタル期間があるので、測定に焦りが生じる
・測定したいときに手元に機器がないと、すぐに測定できない

じょにー

レンタルする際は、メリット・デメリットをよく考えてみてください。

電磁波測定器を購入するメリット・デメリット

次に、電磁波測定器を購入した場合のメリットは以下の通りです。

購入するメリット

・購入して手元に持っておくと、測定したい際にすぐに測定できる
・レンタルを繰り返すよりも費用が安くなる可能性がある
・購入してしまえば、機器に慣れて測定のスピードが上がる

反対に電磁波測定器を購入するデメリットは以下の通りです。

購入するデメリット

・初期費用がかかる
・購入するだけして満足する方もいる

じょにー

個人的には購入をおすすめしたいですが、長期的に使用しない方にはレンタルがいいかもしれません。

購入するならどの電磁波測定器がおすすめ?

この記事ではレンタルできるサイト・レンタルと購入した場合でどっちがお得なのかを解説しました。

購入してもいいかも?と考えた方は以下の記事も参考にしてみてください。

また、自宅内の低周波測定に関して、確実な測定を行いたい場合は、日本電磁波協会の電磁波測定サービスを利用するのも手です。

私たち、電磁波対策の専門家が自宅内の低周波についてしっかりと測定し、対策のアドバイスをさせていただくサービスになります。

詳しくは以下のサイトよりお問い合わせください。

EMFA 一般社団法人 日本電磁波協会

まずは相談してみたいという方は、わたくし「でんじい」に気軽にご相談ください。

あわせて読みたい
お問い合わせ 電磁波測定士のわたくし「でんじい」に聞きたい事はありませんか? 私は自身と子供のアトピーから電磁波の影響を知り、勉強を始めました。 現在は会社員の傍ら、電磁波...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電磁波対策の専門家|電磁波の怖さや影響など気になる情報を発信|電磁波対策商品(プラグインアース・アースリネン)を取り扱っております|販売は直接やり取りが基本なため、DMでご相談をいただいてからとなります|身近なところでできる事から対策を始めてみませんか?|お気軽にお問い合わせください|Instagram↓

コメント

コメントする

目次